今回のCUD友の会では、「正常色覚(一般色覚)」に焦点をあて、その色覚特性について工学院大学の市原恭代先生にご講演いただきます。市原先生は色彩研究者でいらっしゃいます。正常色覚とは、つまり色覚タイプの中で最も多い割合を示し、CUDOでは「C型色覚」と呼んでいます。市原先生から見た、C型の特性とはどのようなことなのでしょう…?


開催:第48CUD友の会
日時:417日(土)14-16時予定/オンライン懇親会16時〜
テーマ:「正常色覚という奇妙な色覚特性」
参加費:無料
参加人数:100名
参加資格:CUDO賛助会員・CUDに関心のある方・色弱の方。
申込み:下記のお申し込みサイトに必要事項を入力し送信して下さい
https://ssl.form-mailer.jp/fms/c60fd63a689770

【紹介:市原恭代先生】
1963年生まれ 工学院大学情報学部 教育推進機構 准教授
女子美術大学美術学部絵画科(油絵専攻)
東京芸術大学美術研究科 美術解剖学博士
NPO法人CUDO 理事
専門 ヒューマンインターフェース・インタラクション、感性工学、デザイン学
90年代より人間の色覚には絶対的な色覚など無いことと、様々な色覚型に対応したデザインが必要であることを社会に訴えて教科書会社の配色のコンサルティングなどを行ってきた。視覚的カモフラージュにも詳しい。アニメに造詣が深く、東京芸大時代には動画部に所属。カリオストロの城の色彩研究あり。

市原恭代先生

 

    パソコン版  zoom の使い方

https://symphonict.nesic.co.jp/workingstyle/zoom/pc-howto/

    スマホ版 Zoomの使い方

https://symphonict.nesic.co.jp/workingstyle/zoom/zoom-android-app/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www2.cudo.jp/wp/?page_id=2

———————————————————————————–